イモリ.com

アカハライモリを飼っています。
飼い方やエサについて。

↑のブログ名をクリックでトップにいきますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモリの水管理。水替え。

イモリ水槽の水は、頻繁に替えた方が良い、という方も多いですが、1,2週間に一回程度替えれば充分だと思います。
(あくまで個人的な目安です。なかには1ヶ月以上替えないという人も…!)

イモリはエラ呼吸ではないので、この辺は魚を飼育する時に比べて神経質になる必要は無いです。

ただし、これは飼っているイモリの数や、餌のやり方、季節にも左右されるので一概には言えません。

飼っているイモリの数が多ければ、その分水も汚れやすくなりますし、夏場など暖かい時期は水も早く悪くなります。

餌を与える時、ピンセットなどから直接食べさせる方法は、水の汚れを防ぐのに効果的です。

水はカルキ抜きをした水を入れてあげてください。
(カルキ抜きについては、『イモリの水の管理。カルキ抜き』を見てください。)
イモリは結構丈夫なので、カルキ抜きをしていない普通の水道水でも、充分元気に長期飼育できたりしますが、イモリのために出来ればカルキ抜きをしてあげると良いと思います。
特に幼体のイモリや、水の綺麗な所で育ったイモリなどは、万が一の為にもカルキ抜きはしたいですね。

あと、イモリをどこで手に入れたか…というのも水替えの目安になります。
野生のイモリを捕まえて飼っている場合は、水替えをまめにやってあげる方が良いです。
野生のイモリは水のきれいな所にしか住んでいません。
それを考えると、きれいな水で育ったイモリは、汚れた水にあまり耐性が無い可能性があります。


水質保護の為、ろ過装置などを使ってもいいですが、使わなくてもイモリは充分飼育できます。
(ろ過装置無しで、同じ個体を10年近く飼っている知人もおります。)
ろ過装置を使う場合は、水槽内の水深が浅いと使いにくいです。

イモリの排泄物には、有毒なアンモニアを含んでいます。
ろ過装置などをつけていても、定期的に水替えをしてあげる必要があります。

※イモリは自衛のために、フグと同じ成分を含む毒を微量に出します。
水替えなどでイモリを触った後は、必ず手を洗いましょう。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Link & Search Site


ブログ検索エンジン
獣医師広報板

ペットリンクス
動物・ペット専門検索エンジン「あにまるナビ」
[PR] デイトレード向き証券会社選び / 台湾旅行ガイド / 格安の宿web
格安の宿web(観光情報) / ナスダック リアルタイム株価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。