イモリ.com

アカハライモリを飼っています。
飼い方やエサについて。

↑のブログ名をクリックでトップにいきますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモリの冬眠。

野生のイモリは、餌の減少と寒さの為に冬眠をします。

しかし、室内で飼っているペットのイモリは、地域にもよりますがほとんど冬眠しないといってもいいでしょう。

冬眠させないイモリは、冬季の間は若干動きが鈍くなり、餌の食い付きも悪くなりますが、暖かくなるとまた活発になります。

イモリに繁殖をさせたい場合は、冬眠させた方が良いようです。

冬眠から覚めた春~夏にかけてがイモリの繁殖期です。
本能的には、冬眠後繁殖、と認識しているはずなので、冬眠しないとこの反応が鈍るようです。

冬眠させたい場合は、イモリを屋外に出すなどして、温度がきちんと下がるようにしましょう。

イモリは陸にあがって冬眠します。
水場の面積を減らし、陸地に石や枯れ枝、枯葉、苔などで隠れられる場所を作るとそこで冬眠します。

充分な寒さが得られない場合、イモリが途中で活動し、餌がなく餓死したり、寒さが厳しすぎた為、凍って凍死したり、乾燥のしすぎで死んでしまう事があるので注意します。

温度は5度~10度が目安です。

冬眠の前には、イモリが充分に栄養を蓄える必要があります。
これが足りていないと、餓死の可能性も。
普段きちんと餌を与えていれば、それで充分です。
痩せているイモリの場合は、冬眠させずそのまま普通に飼育する方がいいでしょう。

繁殖させたい場合、繁殖したイモリを自分ですべて飼う事ができるか考えてからにしましょう。

あとから新しいイモリを水槽に足すと、大きなイモリがいじめる場合があります。
この為、繁殖した幼体は別の水槽で飼育する方が好ましいです。

もし飼う事ができない場合は、イモリが長生きする動物という事を認識した貰い手をきちん見つけておきましょう。

これらの繁殖後の事を考えてみて、心配な部分があったら繁殖はしない方がいいです。
飼えなくなったとしても、繁殖したイモリを自然に放す事は生態系を崩す事になるのでできません。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Link & Search Site


ブログ検索エンジン
獣医師広報板

ペットリンクス
動物・ペット専門検索エンジン「あにまるナビ」
[PR] デイトレード向き証券会社選び / 台湾旅行ガイド / 格安の宿web
格安の宿web(観光情報) / ナスダック リアルタイム株価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。