イモリ.com

アカハライモリを飼っています。
飼い方やエサについて。

↑のブログ名をクリックでトップにいきますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモリを飼うための設備。

【イモリを飼う時必要な設備】

●飼育ケース

イモリは、特別な水槽などでなくとも、ホームセンターなどで売られているプラスチックの飼育ケースで飼えます。

イモリは脱出が得意な生き物です。
飼育ケースを選ぶ時は、蓋がきっちりと閉まるタイプの物を選びましょう。

既に持っている容器などに、網などをかぶせて飼育する時は、なるべく隙間が無くなるように設置します。

野生のイモリは、繁殖期や成長期には水場や山を移動する性質を持っている為、そういった時期にはケースの壁などによじ登ろうとしたりして移動をしようとします。
そんな時、ほんの少しでも脱出可能な隙間があれば、イモリはさっさと出て行ってしまいます。
家の中で遭難すると、とっても見つけにくいですから、注意が必要です。



我が家の飼育ケースは、こんな↑感じのです。


●その他の備品

イモリは隠れるのが好きです。

ケースの中には、なにかイモリが隠れれるような場所を作ってあげると喜びます。
(というか、そこでじっとしている事が多くなります。)

イモリは隠れる事ができればそれで良いので、水草や、葉っぱや枝などの自然の物でも、素焼きの鉢や、ペットショップやホームセンターで売られている擬似洞穴(?)みたいな物でも、自分の好みで選んでしまって大丈夫です。

水草は入れても入れなくても構いませんが、イモリを繁殖させたい場合は、水草に産卵するので必要です。
イモリの隠れ場所にもなります。

イモリは乾燥に弱い生き物です。
飼育ケース内が乾燥しないように注意しましょう。


【飼育ケースの置き場所】

イモリは高温に弱いので、窓のそばなど、直射日光のあたる場所は避けてください。

夏場の暑い季節が苦手なので、夏場はクーラーなどをかける人のいる部屋に置くのがいいでしょう。

クーラーのない場合は、なるべく屋内でも涼しい場所に置き、特に暑い日は保冷剤を飼育ケースのそばに置いたりして、温度を下げてあげます。

スポンサーサイト

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Link & Search Site


ブログ検索エンジン
獣医師広報板

ペットリンクス
動物・ペット専門検索エンジン「あにまるナビ」
[PR] デイトレード向き証券会社選び / 台湾旅行ガイド / 格安の宿web
格安の宿web(観光情報) / ナスダック リアルタイム株価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。